認定建設管理者になる方法

認定された建設管理者になる方法を学びます。認定された建設管理キャリアに必要な教育と要件、認定の情報などを調査します。

建設管理者の資格を取得する必要があるか?

建設管理者は、開発の初期段階から完成するまでの建設プロジェクトを監督します。建設管理者は、雇用および監督に加えて、プロジェクトコストの見積り、スケジュールの決定、プロセスの報告、また安全確認を行なわなければいけません。建設管理者フルタイムで働きますが、期限が近づく頃には残業も珍しくありません。一部の管理者は、24時間体制で対応する人もいます。作業環境は主に事務所で、建設現場に事務所を構えます。プロジェクト中では出張も必要です。

キャリア要件

・学位レベル- 学士号
・学位名― 建設管理、建築、工学または他の関連分野
・経験- 最低5年間の経験が、雇用主の間では一般的
・認定- 自主認定あり
・鍵となるスキル- ビジネス、リーダーシップ、技術、コミュニケーション、意思決定、顧客サービス、分析、時間管理スキル;イニシアティブをとり、図面や契約書を読む能力
・給与- $ 94,590(2014年の建設管理者の平均給与)

出典:米国労働統計局(BLS)、オンライン求人情報(2015年7月〜8月)

ステップ1:建設管理で学士号を取得する

建設管理者は通常、建設分野の学部を卒業します。学生は、材料、デザイン、経済などのコースを通じて、プロジェクトをこなし完成品にすることを学習します。興味のある学生は、建築科学や土木工学の学位を取得することもできます。

成功のヒント:

・インターンシップに参加してください。インターンシップは現場経験だけでなく、卒業後の就職にも有利です。業界の労務面と経営面の両方に触れる事ができます。

ステップ2:建設経験を得る

建設管理者になるには、建設経験が必要です。将来の管理職は、卒業後に管理助手として働く可能性があります。そのような作業経験は、建設現場の直接の知識を得ることができます。建設管理会社は、昇進のための管理職の訓練を提供する事もあります。

ステップ3:認定を取得する

米国建設管理協会(CMAA)を通じて、個人は認定建設管理者(CCM)の任意指定を受けることができます。学士号を取得予定のCCMは、受験する前に、4年間の建設管理経験を含む、特定の就労経験を満たしていなければなりません。8年間の経験を持ち、建設管理者として4年間働いている人もいます。CCMはまた、3年ごとに再認証を提出しなければならず、専門的な開発と経験が必要です。

成功のヒント:

・試験のために勉強してください。 CCM認定の申請者は、CMAAによると、3回以内に合格する必要があります。これを満たしていない個人は、認定を受けることができないので、正しく準備してください。CMAAには、試験の準備をするのに役立つ資料があります。

ステップ4:キャリアをアップさせる為に修士号を取得する

キャリアをさらにアップさせたい場合、建設管理における修士号プログラムを希望する人もいます。大学院レベルの勉強は、経営原則の実用化を強調しています。コースには、建設資材と方法、労働関係、安全、公共政策、および建設管理の実践が含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です