若手建築家へ10個の成功のヒント

新卒者や若手建築家にとって、ドアに足を踏み入れ、建築会社で動くことは難しい課題です。私は9年間のキャリアで5年間のライセンス建築家です。全てのステップで挑戦してきました。成功と失敗を経験する中で、私は一貫したテーマに気が付きました。

若手建築家のための7つの成功レッスンで、建築家Frank Harmon氏の最近のインタビューを聞き、感銘を受けました。私の経験に基づいて、ここに若手建築家への10個のヒントを紹介します。このヒントは、あなたが優れた建築家になるため、又は、エノクが言うように「建築家が世界征服を手助けします!」

まずは10番目のヒントから始めて、1番目へと進んでいきましょう。

10.自分自身を不可欠にする

仲間の尊敬を得たいですか?

あなたの目標は、社内で地位を高めることですか?

昇給はどうですか?

もしそうなら、あなたは自分自身を不可欠にしなければいけません。関心のある領域を見つけて、その領域のチャンピオンになるのです。同僚の一人サラは、持続可能なデザインに大きな関心を持っています。彼女は持続可能なすべての物にのめり込み、コンファレンスに出席し、私が今働いている会社、LS3Pで社内セミナーを開いています。彼女の専門知識のシェアが、彼女を会社に不可欠な存在にしました。

9.メンターを探す

あなたの建築仲間は資源です。あなたが欲しいスキルと役割を持つ人を探しましょう。これらのメンターは、あなたの成長とキャリアを助けます。彼らにコーヒーを買って、仕事に関するアドバイスや質問をしてください。もっと言えば、ビールを買って、本当の宝石を手に入れましょう!

8財産を分散する

メンターシップは双方向です!あなたはフォトショップに詳しいですか?それでオフィスチュートリアルを行なってください。あなたはサラのような持続可能な奉仕者ですか?

そしてLEED研究グループを編成します。目標はできるだけ知識を広げることです。あなたは会社を昇格させ、チームプレーヤーとリーダーとして自分自身を強調するのです。

7.ネットワーク、ネットワーク、ネットワーク

建築はサービス産業であり、優れたサービスを提供する能力は強力なネットワークに頼っています。強力なネットワークは、仕事をより楽にし無数のチャンスを作ります。ですから橋を焼かないでください!

6.瞬間をつかむ

この仕事をスタートさせた時、自分のデザインの才能を世界に広げたいと思っていました。しかしながら、殆どのインターンのように、興味深いデザインプロジェクトは直ぐには頂けません。私はまず自分の夢を果たすのに会費を支払わなければなりませんでした。

そこで戦略を練りました。受けた設計作業が小さなものでも、私は真剣に取り組みました。仕事の後の自分の時間にも取り組みました。私は徹底的に吟味した複数のデザインオプションを、翌日に持って出社しました。上司が、私のデザインに対する情熱と才能に気づくまでに、そうかかりませんでした。私はその瞬間をつかまえました。今私はとても大事なプロジェクトで設計をリードしています。

5.尋ねる

恥ずかしい告白をします。私は尋ねること無しに報酬を受け取ったことがありません。 2010年に建築免許を取得した後でも、依然として尋ねなければなりませんでした!そうそう… 何てことだ!しかしながら尋ねた後は受け取りました。これは給与のためだけではなく、人生のすべてに適用されます。より多くの設計作業をしたいですか?尋ねてください。より多くの現場経験を積みたいですか?尋ねてください。結果として何が起こるか驚くでしょう。何を失う必要がありますか?

4.快適ゾーンから出る

数年前、私は即興のコメディークラスを取ることにしました。友人の1人がやっているのを見て、気まぐれにやってみたのです。舞台に立ち、素早く役になりきり、マニアックな行動をすることは、私の建築キャリアにすばらしい配当をくれました。このクラスは私の会話能力を向上させたのです。自分の足で考えることが良くなり、不快が快適になってきたのです。もしその気まぐれを無視して快適ゾーン外に出なければ、これは起こりませんでした。

3.話をする

公でのスピーチは、建築家にとても貴重なことです。私は秘密にしません、ちょっとした基本的アドバイスです。大事な会議がある時は、プレゼンテーションのリハーサルをやるべきです。プレゼンテーションの後は、あなたのパフォーマンスの批評を同僚に尋ねてください。そして、「建築口調」を避けてください!クライアントは、二股や関節のような言葉を組み込む能力には感銘を受けません。

2.幸運であることを理解する

最近のUberの旅行で、運転手は知っている建物を、私が設計したのかどうか聞いてきました。私は答えました。「グッゲンハイムに新しく建ったのを見た?」彼は笑って、私が言おうとした事が、彼が期待した事だと言いました。知らない人には、私はSeinfeldのGeorge Costanzaの有名なラインを引用します。Georgeは人を感動させるために、建築家だと偽っています。

あなたが建築家で、何をしているかを人々に伝えると、しばしば 「おー、カッコイイ!」のような反応を受けるでしょう。または「子供の頃、建築家になりたかったんだけど、数学や絵を描くのが苦手だったので」とか。ある時はとても尊敬されたり、自分の情熱を持って働ける仕事についている事にとっても幸運を感じます。

1.抱き合わせの失敗

最後の告白があります。私のキャリアを通じ、私は全てのリストで失敗をしています。実際、私はこれらのことで毎週苦労しています。秘密は、これらの課題から学び、失敗は個人の成長にとって重要なステップになる、と認めることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です