成功する建築インターンシップの見つけ方と準備

学生としての現状の前後関係を構築します。教授がどのような仕事をしているのか、学校外の慣行があるのか​​を知るのに、卒業まで待ってはいけません。GSIと繫がってください。大学院生の多くがインターンシップを受けているので、優れたリソースです。一度学校を離れてからでは遅すぎます。彼らは学生の新しいバッチに関与しています。あなたの先生であることに加えて、専門家としても人としても知ってください。あなたの興味を示してください。ほとんどの教育者は、興味とイニシアチブを示す学生を特に応援します。彼らは多くの現場の人を知っており、学生が授業内容を超えて興味とイニシアチブを示すなら、喜んで提案や紹介をしてくれます。

学校の領域外での繫がりを広げていきます。環境デザイン学科(CED)にはメンターシップ・プログラムというのがあります。これはインターンシップ・プログラムではありませんが、現場の建築家を知る良い方法です。メンターからのコンタクトを待つのではなく、彼らから専門的に価値のあるものすべてを汲み出してください。電話をしたり、コーヒーやランチに招いたり、オフィスを訪問していいかなどを尋ねるのです。結局、彼らはメンターとなるボランティアをします。彼らの仕事に興味を持ち、専門職に関する彼らの見解を見つけ、他にも職業について話してくれる誰かを知っているかなど尋ねるのです。あなたの関心や不確実性を表現してください。

異なるメンターにトライすることに恥ずかしがることはありません。その理由は、小さな会社で経験を積んだ後に、大企業に興味を移すのと同じだということです。この特定プログラムが作動しない場合は、大学、地域のコミュニティ、さまざまな企業を通じて提供されている、指導プログラムも利用できます。

なぜ?メンターシップは、生徒を意識した実世界/非学術的な専門家に会う最良の方法の1つだからです。覚えておいてください、建築家やデザイン専門家は、単独で生きているわけではありません。彼らは他の職業の人々が一杯の世界で、仕事をしています。メンターシップ・プログラムは、インターンシップ・プログラムではありませんが、しばしばインターンシップにつながります。例えば、あなたのメンターがインターンシップを提供する立場になくても、他に誰かを知っているかもしれませんし、又は、あなたについて知らない状況にあるのかもしれません。メンターがインターンシップを提供するとは思わないでください。

インターンシップを申請する前に、まず自分の興味について考えてみてください。大企業や中小企業で働きたいですか?どんな仕事に一番興味がありますか?住宅、商業、緑の建築などですか?現在の経済情勢で、望みの選択をすることはできないかもしれませんが、少なくともある程度の明確さを持ってください。あなたは実際には、あらゆる可能性にオープンなのかもしれません。それも良いですが、明確な目標設定が役に立ちます。あいまいさは雇用主の信頼を得られません。

あなたの得意分野を書き留めます。あなたの強みと改良が必要な分野について、友人や元の雇用主に説明してもらいましょう。能力のある分野と発展したい分野として表現された点を、雇用者へのカバーレターに入れてください。

応募しようとしている会社を調査してください。 どんな仕事をしているか、彼らの評判はどうか、そして彼らの姿勢は。 これをどこで調べますか?友人に尋ねたり、インターネットで調べたり、会社の記事を調べたり、アメリカ建築協会(AIA)の事務所に電話したり、教授や大学院生に相談したり、あなたの会社に対する真の感謝と関心を示してください。あなたがその仕事に知識と興味や興奮を示すなら、雇用主はより受容的になります。調査は役に立ちます。なぜなら、働きたくない所や、学びがないと感じる所に行かなくて済むかもしれないからです。 結局、インターンシップのポイントは、単にあなたの履歴書をペイントするだけでなく、有意義な方法で建築について学ぶことです。

早々に検索を始めることです。夏の初日まで待たないでください。理想的には、インターンシップを探すのに数か月はかかります。

ポートフォリオにあまり固執しないでください。完璧なポートフォリオが初めてのインターンシップへのチケットになるわけではありません。ほとんどのオフィスは、あなたが自分のフィールドで学生として成長していることを理解しています。また、最初のインターンシップでは、輝かしいポートフォリオは期待しません。実際のスキルを伝えておくことは大事ですが、もっと大事なのは、適応能力と職場で学ぶ能力を実証することです。

インターンシップには、インターンを訓練する膨大なエネルギーと時間を費やすオフィスの先輩が関わっています。組織的スキルと対人スキルを示すことは、上出来のポートフォリオくらい重要です。AutoCAD機能は日常の仕事に重要です; しかし、学生は珍しい品種なので、上手く描ける学生は価値があります。

コンピューターのハードウェアとソフトウェアのメンテナンスを熟練している場合は、言ってください。小規模のオフィスでは、指定された人がいない場合が多く、学生は新技術の最先端を行く者ですから。

最後に、少なくとも電話帳を使ってください。他のすべてが失敗した場合も、電話帳をあきらめてはいけません。電話帳で会社を探し電話でインターンシップを受けた人を知っています。または、彼がインターンシップを探している事を知っている親切な人が紹介してくれたり。

あなたを助けてくれる人には、常に感謝の気持ちで対応してください。それは、その人に暖かい感覚を与え、すべての違いをもたらすのです。真剣に、それはその人を通してインターンシップを受けられなくても、やるべき大事なジェスチャーです。あなたは誠実で関心があり、心を開いて、学び、改良し、希望を失わないと確信してください。 結局のところ、それは人に関することです。時々それを忘れがちですが、私たちは人々のための建物を作っているのです。職場の内外で知り合う人が多くなればなるほど、インターンシップにつながる可能性は高くなります。 そしてそれは誰もが望む最高のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です