建設管理学位を取得する前に考えるべき5つの事項

建設が爆発すれば建設管理も爆発します。あなたが高校生なら、次のステップは建設専門家でなくても、建設管理学位が役に立つことがあります。労働統計の米国局によると、建設管理は11%の成長率だと報告しています。また、建設管理者は全国平均を倍増させ、大きな成果を上げています。
どんな大きな決定でもそうですが、この職業を選ぶ前に考えるべきことが色々あります。

建設管理者とは?

建設管理者は建設作業を監督します。コスト見積もり、予算、作業スケジュール表の作成、クライアントへの作業プロセスの報告、プロジェクトに関わるすべての関係者との共同作業が含まれます。また、建設管理者は契約書を解釈して説明し、下請け業者を雇い、スケジュールを調整し、危機を処理し、すべてが予定通りであることに責任を持ちます。それは大きな仕事であり、時には作業支援で他の建設管理者を雇うこともあります。ソフトウェアや他のツールを使用して、仕事のさまざまな面を支援します。ですが主に、プロジェクトが時間と予算を守っていることを確認するのが重要となります。

建設管理では、建設経験と管理経験が重要です。最高の建設管理者は、その経験から、建設プロジェクトのライフサイクル全体を通じて決定を下すことができます。

建設管理学位が必要?

すべての建設管理者が学士号を持っているわけではありませんが、それは要件となっています。それでもすべての大学に建設管理学位や専攻科目があるわけではありません。多くの建設管理者は、建設科学、建築、または工学の学位を取得しています。またプロジェクト管理、設計、施工方法と材料、建築基準、契約管理、およびコスト見積もりについてのクラスを受講します。

4年制大学がこれらのコースを提供していない場合、多くの学生が2年制の大学で受講し、建設管理または建設技術の証明書と4年間の学位を取得します。これらのクラスは、アメリカ建設管理者認定の建設管理協会の試験に合格するために役立ちます。高校の卒業証書と数年間の建設経験を持つ人には、建設管理または建設技術プログラムを2年制大学で勉強するのが、建設管理に入っていく良い方法です。

大学費用

建設管理学位を取得したい場合、大学の費用を考える必要があります。4年間の平均授業料は、公立学校と私立学校のどちらに行くかで違いがあります。私立学校での4年間の平均授業料は$ 130,000です。州内の公立学校に行くと平均は$ 40,000ですが、州外であれば$ 100,000に近くなります。

授業料は部屋とボード、本、交通費と個人経費を含みません。経費は大学の場所によって異なりますが、カレッジ・ボードが全国平均を報告しています。

‐4年間の部屋とボードは、約46,000ドル
– 4年間の書籍と消耗品は、約5,192ドル
– 4年間の個人経費と交通費は、約12,000ドル

大学はあなたの未来への投資です。費用を前もって知ることで、大学に適切な準備と予算を設定する時間が得られます。

調査

専門を選ぶことは大きな決定です。建設管理のような分野を専攻して、フィールドがあなたのためではないと分かっても、卒業後に別のフィールドに移るのは簡単ではありません。専攻を決める前に、学位や他の利用可能なキャリアオプションが何か、調査することが重要です。建設管理の学位を取得すれば、建設業界への参入が期待できます。ですから、あなたが卒業したときにしたいことが何かを知ることは大事です。

建設管理職を宣言する前に、地域の建設管理者にインタビューできるかどうかを確かめると良いでしょう。彼らがどのように始めたか、彼らの推薦、1日に何をするかなどを尋ねてください。これは最初のチャンスを与え、業界とのつながりを作ることにもなります。

経験

あなたに合ったフィールドかどうかを判断し、仕事の経験を得るための、もう一つの良い方法は、インターンシップです。一部の大学には、インターンシップ・プログラムや、インターンの繫がりもあります。インターンシップは価値ある経験を提供し、有益な情報も提供します。インターンも経験として数えられるので、就職に有利な経験になります。またプロフェッショナルな関係を作ります。

建設管理は、アメリカで最も成長しているキャリアの1つです。建設が始まり、投資は労働需要の増加を意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です