建築家への4ステップ

大学卒業後、どのように建築の仕事をスタートさせれば良いか?

どんな職業でもそうですが、建築家になるための手順はシンプルで、多くの労力を要し、また楽しいものです。簡単に言うと、建築家になるには教育、経験、試験が必要です。学生からプロへの旅は、数段階を経て移っていきます。まずは、あなたに適切な学校を選ぶことから始めます。

ステップ1:学校

アメリカで建築が職業になった19世紀以降、建築家は建築を学ぶ大学に行かなければいけません。

今は21世紀。しかし、建築のキャリアにつながる多くの道があり、建築プログラム無しで学士号を取得した場合でも、建築家になることができるのです。

ですがもう少し複雑です。「高等教育」と呼ばれるものは、さまざまなレベルがあります。学部や大学院生。どんな学部の学位を取得することもできます- 英語、歴史、工学― その後に建築学科に入り、専門学位を取得してもよいです。ですから、学士号を受け取るまでに建築家になりたいかどうかを決める必要はないのです。このルートでいくと、建築(M.Arch)の専門修士号なら、4年の学位からさらに3年間延長します。

多くの建築学校で、5年制の専門学士号(B.Arch)を持つこともできます。

そうです、5年間のプログラムで、学士号しか取得できません。建築研究の重要な領域は、デザインスタジオです。デザインスタジオは、多くの時間を費やし実践的な経験を積む事ができます。建築家になることに興味はないが建築には興味がある学生には、ほとんどの学校で、デザインスタジオ無しで非専門学位を提供します。

プロの建築家のみならず、建築専攻に多くのチャンスがあります。あなたのニーズに最も適した学校を選ぶことが、第一歩です。

可能なら、在学中に建築に携わることもできます。米国建築学院(AIAS)への入学を検討してみてください。建築やデザインに関わるアルバイトを探してみてください。建築家やデザイナーのための事務作業、製図、クラウドソーシングなどをやってみて下さい。緊急ボランティア組織や、必要な人々のためのデザインサービスを提供するボランティアもあります。報酬の有無にかかわらず、経験はスキルを伸ばし、有利なポートフォリオを構築する事ができます。

うまくいけば、あなたは活発な同窓生がいる学校を選んだかもしれないのです。あなたの大学は同窓生を後援したり、キャンパスに呼んだりしていますか?確立された建築家の中に顔を出す- この集まりが「ネットワーキング」のチャンスになるか、同じ大学の卒業生として永遠に結びつくことのできる場となります。

同窓生は又、学外研修のための素晴らしい情報源にもなります。通常、短期および無給、学外研修は、あなたのキャリアに多くのプラスを作ります。

学外研修は、(1)履歴書の「経験」セクションを埋める事ができる (2)実際の作業環境と流れを観察でき、プロジェクトやペーパーワークのように製品を生産するというプレッシャーやストレスはない(3)1日または仕事の週に、プロ建築家の「影」になる事が許され、プロの側面を感じる事ができる(4)あなたに適した企業の規模を判断するのに役立つ

ルイジアナ州立大学には、「町から出よう!」という外交プログラムがあります。学外研修とインターンシップの違い- 学外は職場の「外」であり、すべての費用は通常、その学生が責任を持ちます。インターンは職場の「内」であり、しばしば初級賃金が支払われます。

ステップ2:建築経験

イェーイ!

あなたは大学や大学院を卒業しました。ほとんどの卒業生は、ライセンスの試験を受け、登録建築家になる前に、数年間は「インターン」として働いています。エントリーレベルのポジションの見つけ方については、あなたの大学のキャリアセンターに行ってください。また、教授のガイダンスを見てください。

しかし、「インターン」という言葉は出ています。建築のライセンス組織である建築登録委員会(NCARB)の全国評議会は、新人建築家の養成に非常に関与しています。受験して登録建築家になる前に、経験を積む必要があります。

以前にインターン開発プログラム(IDP)と呼ばれていたものが、Architectural Experience Program、またはAXPです。初級プロは、プロフェッショナルライセンスを取得する前に、3,740時間の経験が必要となります。AXPの認定は、最初の登録が試験のために必要です。これらの所要時間は、だいたい100作業に関連します。たとえば「設計意図に合うように、建設中の店舗の図面と提出物を確認する」などです。どうやって経験を記録するのか?今はそのアプリがあります - My AXP App.

NCARBはどう役立つのでしょうか?建築会社は学校ではなく企業です- プロの時間は、建築ビジネスを行う中で新人の育成にも最適なのです。NCARBは、新卒者がプロになるのに、企業の「請求可能な時間」を使わず移行していくのを支援します。Becoming an Architectシリーズの著者であるLee Waldrep博士は、IDPと呼ばれるこのプログラムの価値を説明しています:

「ここ数年間の事をインターンと学校外で話し合った中に、建築学校は彼女に建築の考え方やデザインを準備させる間、建築オフィスで働く十分な準備はさせなかった。さらに、訓練分野を持つIDPは、単にするべき事を列挙しているだけだという事を認識した、と。」

ステップ3:ライセンス試験

米国とカナダでは、建築家はライセンスを取得するために建築家登録試験(ARE)に合格しなければなりません。ARE試験は厳しいです。準備のためにエキストラな授業を取る学生もいます。2016年11月に、新しい試験であるARE 5.0が導入されました。試験は完全にオンラインですが、自分のコンピュータは使用できません。試験問題を作るライセンス機関であるNCARBは、試験を管理するPrometricテストセンターと連携しています。試験は通常、プロフェッショナルなキャリアのAXP経験収集フェーズの中で完了されます。これは、建築家になる過程で最もストレスの多い部分です- 一般的に給料はあまり入らず(建築業界で十分な貢献者ではないために)、試験の準備と受験にはストレスがかかり、そしてプライベートで変化があるときは、いつもこれが来ます。しかし、あなたがこれを通過する初めての人ではないことを忘れないでください。

ステップ4:職業の構築

AREを完了した後、早期キャリアの人の中には、最初に経験を積んだ同じ会社で仕事につく人もいます。その他の人たちは、他の場所に求め、時には周辺の職業の中に建築職があることもあるのです。

ある建築家は、免許取得後に個人会社を立ち上げています。彼らはそれを単独で行ったり、元クラスメートや同僚とチームを組んでやっている人もいます。強力なキャリアネットワークが成功への道を開くかもしれません。

多くの建築家が公共部門で仕事を始めています。州、地方、および連邦政府はすべて建築家を雇うのです。一般的に、仕事(および所得)は安定しており、管理と創造性には限界がありますが、あなたの個人的な人生は保持されるでしょう。

最後に、成功している多くの建築家達は、彼らが60代になるまで独自のものになっていないことを覚えておくと良いです。殆どの人が引退する頃、建築家はやっと始まるのです。長い道のりだと思ってください。

要約:建築家になる

・ステージ1:認定されたプロフェッショナル・アーキテクチャー・プログラムを学部または大学院レベルで履修する
・ステージ2:実地経験
・ステージ3:ライセンスの試験に合格する- あなた自身を建築家と呼べる
・ステージ4:夢を追いかける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です