建築デザイナーになる方法

建築デザイナーは、クライアントと協力して建築物の外観と内部の両方をデザインするアーティストです。建築デザイナーは商業用や工業用の建物だけでなく、個人の建物も設計します。建築デザイナーが行なうことは:

・クライアントと協議し、プランを確定する
・最高の請負業者を見つける際にクライアントを支援
・青写真、図面、仕様書の作成の指示
・設計、材料、色、機器および原価見積と文書化。
・プランを確実に遵守するために建設作業を監視する

建築デザイナーになる方法は次のとおりです。

1.アートの学士号を取得する
2.国立建築認定委員会(NAAB)が認定した建築校に応募する
3.建築の修士号を取得する
4.コンピュータ支援設計(CAD)を学び、熟練する
5.そのフィールドで追加トレーニングが必要かどうかの確認
6.卒業後のインターンシップを申請。州ごとに最低3年間のインターンシップが必要
7.ライセンス取得。インターンシップ終了後に必要なライセンス試験を受ける
8.企業または個人の仕事を探して申請する
9.あなたのデザインのポートフォリオを作成し保存する
10.十分な経験ができたら、自社を開くことを検討する
11.継続的な教育コースを受講する。これはライセンスのあるデザイナーであり続ける為に必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です