建築インターンシップを得る為の5つのヒント

私はよく建築のインターンシップを得るために最良な方法は何かと尋ねられます。最初の素晴らしい仕事は、その後のキャリアを迎えてくれます。

私は建築事務所での初めての仕事で好きな思い出があります。私は夏の正社員の仕事を終えた後に、夕方のパートタイムで働き始めました。

数ヶ月にわたり多くのことを学びましたが、モデル建築や製図だけではなく、建築事務所がどのように機能しているのかも学びました。もしあなたが知ろうとすれば、ほとんどの建築家は彼らの知識と経験を共有し、次世代にその仕事を渡します。

建築の求人情報を手助けするために、私は無料のリソースのメガパックを作りましたが、建築士の履歴書、カバーレター、豊富なアプリケーションのドキュメントが含まれています。

どのようにして建築インターンシップを得るか

最初のインターンシップを得ることは、多少ジレンマです。事務所は経験豊かな人を雇用したいと思っていますが、雇用されないと経験は作れませんからね。では最初の建築のインターンシップを得るには、どうすればいいのでしょうか?以下のヒントが幾つかの手段に繫がります。

ブレイクシートを作成する

就職活動の最初のステップは、あなた自身を知ることです。あなたがプロの雇用者に何を提供できるか、「自分をアピールする文書」を作成して下さい。

ブレイクシートはあなたの価値をすべて網羅したリストです。これは、建築の仕事の経験が殆ど無い、又は全く無い人にとって特に重要になります。

無関係な分野(レストラン業務でのチームワーク、建設での他の経験など)、および/又は学術的な仕事から得た経験を、文書中に活かす必要があります。

このブレイクシートはあなただけが見るものなので、思いつく全てを絶対恐れずに書いてください:

・あなたが今までにやった全ての仕事をリストアップする(又、建築に関係するか無いか)
・今までにやった全てのプロジェクト(学校や専門職)
・取得している、又は過去に持っていた全ての専門的資格
・持っている全ての学位
・あなたが行った全ての継続的な教育クラスやセミナー
・参加している、又は過去に参加したプロフェッショナルな関係
・あなたが住んでいた/訪れた場所
・あなたがしたスケッチ/図面
・レンダリングやフォトショップの仕事
・経験したボランティアの仕事
・デザインコンテスト
・あなたが解決した課題/問題

このシートを作れば、あなたから引き出せる経験がどんなにあるか、自分で驚くでしょう。学校を卒業したばかりであっても。これは継続的に更新される個人情報として保管しておくべきです。

次にこれらのリスト全てを見て、あなたが応募する仕事に最も関連性のある経験の集まりを作ります。このショートリストは履歴書を作成する際の経験のバスケットとなります。

ネットワークに連絡する

建築の雇用マネージャーや人事担当役員と話す時には、ひとつの傾向が見られます: 新しい雇用の殆どは、人の言葉から来ます。これが、最初の(そして最良の)スタート地点がネットワーク内にあるという理由です。まだ大学にいるなら、教授に相談し、雇用している人がいるかどうか確認してください。

建築教授の殆どは地域の建築家とつながっています。これが実際に私が最初の仕事を取得した方法です。

補足ですが、現在の教授や過去の教授と良好な関係を保てるよう最善を尽くしてください。 意外な繫がりが、次のチャンスの源となる可能性があります。

最低限、LinkedInのプロフィールを持つことをお勧めします。ここでは過去に行なったプロジェクト全てを書く必要は無く、簡単な作業履歴が有益な場合があります。

LinkedInはFacebookやTwitterより遙かに優れており、他の建築の専門家と接続可能になります。LinkedInの建築グループに参加すれば、最新のキャリアニュースや求人情報が得られます。

まだ多くの建築家と接触が無いかもしれませんが、大学の同窓生、教授、地域の建築家と自由につながることができます。

研究

あなたのネットワーキングと並行して、働きたいと思う企業を広範囲に調査する必要があります。これを意識しながらも、あなたはその調査研究に時間を浪費したくはないでしょう。何時間も建築ウェブサイトを見続けている人がいます。調査する時は、各企業の概要を整理しましょう。

以下はその項目です。

・企業の名前は?
・企業の所在地は?
・企業の経営年数は?
・従業員数は?
・どんなプロジェクトに特化しているか?
・これから出る予定のプロジェクトは何か?
・そこで働いている人、又は働いた人を知っているか?
・企業の所有構造は?
・過去に多くのインターンを雇っていたか? (多かれ少なかれ指導を提供する可能性はある)
・あなたの申請すべき企業数は?

上記の調査を元に、あなたが働きたい企業を30社ほど見つけることをお薦めします。そして優先する企業からランク付けし、その順番で応募します。

私は、応募プロセスを追跡する最良の方法は、スプレッドシートだと発見しました。あなたがやるべき事を混乱させたり、同じ所に2回応募したり、素晴らしいチャンスをうっかり忘れないように、これは非常に有効です。30社もあれば混乱するのは容易いです。もし応答や連絡先の情報を受け取った時は、そこに会社名、場所、申請日を記入してください。

的を絞ったアプローチ

私はしばしば候補者からこんな事を聞きます。「今月は建築会社に100件の履歴書を送ったのに、どこからも応答がない」

この発言は、応募者が的を絞り、じっくり研究されたアプリケーションを作成するのに時間を取らなかったことを示しています。各雇用のアプリケーションごとに、あなたの関連した経験を、どのように強調するかに意識を向けます。多くの企業に一般的なアプリケーションを送るだけでは、めったに反応はありません。各企業へのアプリケーション(履歴書、カバーレター、ポートフォリオのサンプル)作成に、調査研究した事を活かしてください。

建築インターンシップにつく為の鍵の1つは、早期に開始することです。一般的に、インターンシップのスケジュールは大学の学期に従います。結果、夏休み中の開口部は、殆ど5月〜6月で埋まってしまいます。応募者の殆どは5月に履歴書を送付しますが、これでは通常は遅すぎます。

まずは自身のアピール内容を集め、応募書類をまとめます。1月から3月までじっくり研究し、選択し、企業に申請してください。

永続する

私が聞いた一番の苦情は、企業が拒否したのかどうかを候補者に知らせないということです。したがって、あなたは電話で応募の状況を常に追跡しなければいけません。書類を見てもらう時に、その旨を彼らに伝えます。それで約1週間、何も連絡がなければ、短い電話をかけてみるのです。

やり過ぎのように聞こえるかもしれませんが、あなたの根気良さを示すことが大事です。1件の企業は困るかもしれませんが、10件は感心するでしょう。

求人プロセスは、本当に予測不可能です。仕事に就くまでには多くの要因があります。市場事情、オフィスプロジェクト、人材ニーズが含まれます。多くはあなたにコントロールできないので、あなたが影響を与えられるものに集中する事が重要です。これには、応募するポジションに関連した経験を強調し、あなたのユニークな面を伝える説得力あるアプリケーションを作成しなければいけません。

建築インターンシップを得るのはとても困難です。ですが時間をかけて集中し続ければ報われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です